FC2ブログ
夏バテ防止(自律神経編)
2014 / 07 / 25 ( Fri )
 先週の日曜日に近所の集会場で肩こり、腰痛予防教室を実施しましたが、参加して頂いたみなさんには、とても興味を持って聞いていただけたようでほんとに嬉しかったです
今後も、このような健康教室を開催したいと考えておりますので、大勢の方に参加して頂ければ、私もとてもやりがいが出てきます。ざひ、次回健康教室を楽しみにしていてくださいね。

 さて、話は変わりますが、前回の夏バテ防止の続編です。夏バテ防止を話す上でとっても重要になってくる点として、自律神経を整えることが非常に大切です。
みなさんも知っていると思いますが、自律神経は、運動などをしている時に活発になる交感神経、リラックスしている時に働く副交感神経の2つがあります。この自律神経によって、体内臓器は制御され、体のライフライン全てがコントロールされています。自分の体なのに自分自身の意思で動かせないなんて、とっても不思議ですよね。唯一、ある程度、意思で動かせる臓器が肺機能(呼吸)だけですが、その呼吸も寝ている時には無意識にしているので、自律神経で制御されていることが実情です。

 日頃の生活で多くのストレスを感じている方が多い中、日本の夏は、高温多湿で不快指数が非常に高く、クーラーをつけ室内温と外気温の差が激しい中を行き交いすることで、さらに自律神経が乱れやすく、体温調整がうまくできなくなってきます。
さらに暑いので外出を控えたりして運動量も減り、冷たいものを欲しがり、たくさん摂ることによって内蔵が冷えてしまい、内臓機能が低下し、血液循環・消化吸収の悪化を招きます。自律神経が乱れると、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくできなくなり、疲れているのに夜眠れなくなったり、眠りが浅くて疲れがとれない状態になってきます。このような日常生活の負のスパイラルに陥ると夏バテを招く事になります。 

 この夏バテを防ぐために自律神経を整えるポイントは下記の項目です。

・発酵食品(ヨーグルト・味噌汁・納豆・ぬか漬け・塩麹など)を毎食、必ず摂るようにして腸内環境を整える。

・適度な運動を行うことで、体の血流が良くなります。ウォーキングなどの有酸素運動で適度に身体を動かしましょう。体に過度な負担がかかる運動は、逆効果になりますので注意してください。深呼吸も重要で、ゆっくり鼻から吸って、その倍の長さでゆっくりと息を吐く深呼吸(自分の好きな景色を思い浮かべて実施すると尚良いと思います。)を行うと自律神経が整います。

・喉が渇いてから、水分補給をするのではなく、1日に2ℓぐらいの水、麦茶などをこまめにコップ1杯ずつ摂るようにしましょう。

・エアコンの設定温度を使用する際は、あまり27~28度より下げ過ぎないようにしましょう。

・暑いからといって冷たいものばかりを摂りすぎると、内蔵が冷え、胃腸の働きが低下してしまい、下痢や消化不良になりやすいので注意しましょう。

・夏はシャワーだけで済ます人も多いようですが、滞った血流を回復させて一日の疲れを取る為にも、浴槽にお湯を貯めて入浴しましょう。入浴前にコップ1杯の水を必ず飲むことも忘れないようにしましょう。

・夜更しや休日の寝溜めなどは、体内時計を狂わせてしまい、疲れが取れにくい状態になります。休日でもできるだけ普段と同じ時刻に起きるようにして、どうしても眠たい場合は15分~20分程の短い昼寝をするよう心がけてください。間違っても30分以上の昼寝をしないよう注意してください。

前回の飲食編と合わせて実施して頂ければ、夏バテ知らずの身体になりますので、みなさん、心がけてみて下さいね
スポンサーサイト



10:41:01 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<六月灯 | ホーム | 夏バテ防止(飲食編)>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://8manfight.blog.fc2.com/tb.php/373-1b1cd39b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |