FC2ブログ
コスモス花見
2018 / 11 / 07 ( Wed )
 日曜日にコスモスを観に毎年行っている鹿児島市都市農業センターへ妻と出かけました。
DSC_0024_convert_20181107164635.jpg
DSC_0032_convert_20181107165433.jpg
今年は、場所によっては台風の強風や塩害の影響で、コスモスを観られない所もあったようですが、ここ都市農業センターには、あまり大きな被害がなかったようで、きれいなコスモス畑を観れて癒されました。
スポンサーサイト
16:55:59 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
今回の校区体育大会の悩み
2018 / 10 / 23 ( Tue )
 日曜日に天候に恵まれる中、校区体育大会が開催されました。昨年は、前日に雨予報だったので中止になり、2年ぶりの実施となりました。一昨年から種目の多くが見直しされ、昨年が中止だったこともあり、参加者がルールを忘れている事も多くありました。
今大会は、私は審判責任者だったのですが、特に悩んだのは、綱引きバトルの順位決めです。6町内会を2つの予選ブロックに分けて、3チーム総当たりで対戦し、各ブロック1位が決勝戦に進出するようになっていました。
しかし、1つのブロックが3チーム1勝1敗で並んでしまい、1位を決めるのも難しい状態で非常に悩みました。また、違う予選ブロックを比較しての3位以下の順位を決めるのも既存の順位決めルールが曖昧だったこともあり、審判団で悩みました。
綱引きバトルも2回目の実施で、前回は各ブロック2勝、1勝1敗、2敗と、スッキリと勝敗がついたので、あまり深く考える必要もなく順位決めることができました。
今回は、昼食中に考えた私の案を他の審判係に説明し、下記細かいルールを決めて順位を確定させることに決めました。
①完全に陣地に引き込み2mラインを越えた勝者は、勝ち点3とする。
②引き込みラインを越えずに距離計測での勝者には勝ち点2、敗者にも勝ち点1を加点する。
③センターラインで不動のままの引き分けは、両チームに勝ち点1.5点を加点する。
④各ブロックで勝ち点が多いチームが、決勝に進出する。
⑤勝ち点が同じな場合、勝利数>引き込み時間>距離の基準で判断し、順位を決める。
     (タイム、計測距離共に勝ち点が付いた対戦の記録を参考にする。)

翌年からもこのルールで行うよう実行委員会に報告しようと思っています。
12:21:11 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
引き戸敷居レール交換
2018 / 10 / 15 ( Mon )
 我が家のリビングの引き戸が、ドアを開け閉めする度にガタガタ音がするようになり、敷居レールが波打ったようにデコボコしているのは気付いていたのですが、あまり同じレールを売っているのを見かけた事がなかったので、建具屋さんに頼まないとダメかな~と思っていましたが、ホームセンターに色違いの同じ商品が1200円で一つだけ売っていました~。
DSC_0496_convert_20181015150537.jpg
それを見つけた時にはちょっと嬉しかったです。購入したレールは、そのままだと長すぎるので金属ノコギリでカットし交換しました。幸いにもドア下の戸車は破損していなかったので、レールだけの交換で済みました。
DSC_0494_convert_20181015150401.jpg DSC_0495_convert_20181015150504.jpg
交換後、わたしが話する前に、ドアの開閉がスムーズで音がしないことに家族全員が、すぐに気付きましたね♪
最近はネットで注文することが多くなりましたが、さすがにレール一本だけを注文すると送料分高くなるので、ホームセンターに有ってホントよかったです。
15:44:39 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
イノシシ被害
2018 / 08 / 02 ( Thu )
 先日、左足腓骨を骨折していた母の固定器具がやっと外せることになり、少し可動可能なサポーターへ変更になりました。
かなり動きやすくなったようで、ホッとしています。
話が変わりますが、母が家庭菜園で畑に、いろいろな野菜を育てているのですが、先日、植えていたサトイモがイノシシ被害にあいました。
DSC_0484_convert_20180802160831.jpgDSC_0489_convert_20180802160922.jpg
まだ半分は残っていたので、急遽イノシシ除けのネットを張りました。これで猛突進してこない限り、中に入れないと思います。

16:28:40 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
なぜ見逃す???
2018 / 07 / 11 ( Wed )
 先週の日曜日に80代の母親が、幅の狭い溝に左脚がハマり、足首を捻り、翌朝、痛みとかなり腫れてきたと連絡があったが、すでに仕事の予約が入っていたので、私が連れて行けそうもない為、弟に病院へ連れて行ってもらいました。
その病院でレントゲンを撮ってもらい、骨折していないか確認してもらったらしいが、骨には異常はないとの医者の説明で、捻挫だと診断されて、痛み止めと湿布薬をもらってきていました。
翌日、電話で腫れているとは聞いていたが、実際に診てみるとかなり腫れてビックリしました。とりあえず、痛み止めを飲んで痛みはかなり引いたとのことだが、左足の腫れと浮腫みがひどいので、痛めたであろう筋肉のトリガーポイントを指圧し、熱も持っていたので、バケツに氷水を入れ、左足を冷やしました。その後、テーピングをして捻挫だけなら、4,5日でかなり腫れは引くはずだが、一週間経っても、少し痛みと腫れもあるとの事で、どうも様子がおかしいと感じ、骨に異常がないという病院の診断に疑問を持ち始めました。
母親によくよく聞いてみると、レントゲンで撮っていない角度があるという事で、別の病院の整形外科に連れて行き、状況を説明し、いろいろな角度から撮って調べてほしいとお願いしました。
結果は、左脚腓骨(細い方の骨)を骨折していました。正面から撮ったレントゲン画像も見せてもらいましたが、はっきり骨折していることが分かる画像で、これを見逃すなんてどうかしていると思いましたね。
しかも一番骨折しやすい腓骨骨折を見逃すなんて、レントゲン技師が悪いのか、診断した若い先生が見逃したのか分かりませんが、こんな初歩的な見逃しは無くしてほしいものです。もう2度とその病院に連れていくことはないでしょう。

とりあえず、骨折箇所はひどくなっている事はなさそうでしたが、3週間ほどは固定して松葉づえでの生活ですね。
11:00:50 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ